こんなアプリを開発してほしいと思った時がスタート地点

最近はスゴイアプリを開発する人が多く出てきていて、自分のような者には無理と考えてしまう人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。特に多くの人が利用するものを考えた人の多くは、こんなアプリを開発してほしいと思ったところがスタート地点だったということがほとんどです。どんな人気のものもこれまでにはなかったわけですから、制作者がこんなものがあったらいいなと感じたことがきっかけでそれを作ったら人気となったというものがほとんどです。つまり、現状に不便を感じたことがきっかけで、その不都合なことを解決するものを考えたら人気となったというわけです。これはどんなことでもいえるもので、天才的な閃きによって出てきたものはほとんどないといってもいいでしょう。

人気となるものは、不便さを解決してくれるもの

人気のアプリを開発するコツは使っていて不便を感じたときに、その不便さを解決してくれるようなものです。誰しも何かを使っていると、もっとこうなっていればいいのにとか、こういうものがあると便利なのにと感じたことがあるはずです。それをきっかけとして、その不便さを解決するものを作ると、他の人も喜んでくれるというわけです。自分が不便を感じているということは、他の人も同様に感じている人が大勢いるということですから、これがきっかけとなることがほとんどといってもいいでしょう。ですから、不便を感じた人ほど人気となるものを開発するチャンスは多いということになるかもしれません。特に難しいことを考えられる人が、チャンスがあるということではないということがいえるでしょう。

支持されるアプリは多くの人の共感が得られるもの

多くの人から支持されるものは、それだけ多くの人の共感が得られるものです。これは不便さを感じたりしたものが解決されると得やすいものです。そうそうこういうものがあるといいよねということになるわけです。これは実際に使っていて不便さを感じている人ほどいろいろなことを持っているということがいえるでしょう。何かを使って何かをすれば、人はよりいい使い方を求めるようになりますから、こうした新しいものに対する需要がなくなることはありません。新しいものが出てくれば、それに対してより使い勝手がいいものや、利便性がいいものが求められることになりますから、こうした需要に応えることが出来るかどうかが、人気となるかどうかです。プログラムの腕や技術はそれほど必要とされるものではないということです。