素人でもこんなに儲かるアプリ開発

いつの時代も「楽をして儲かる方法」は常に人気のキーワードでした。「楽をして」は現実的ではないにしても「儲かる方法」を知りたいと考える人はたくさんいます。しかし、女性下着の創業者であるワコールの塚本幸一氏は「儲かる商売はない。儲ける奴がいるだけだ」と語っています。「儲かる」ためには「儲ける」方法を考えることが大切です。今の時代に「儲ける」方法として真っ先に思い浮かぶのはアプリ開発です。昔はなにかモノを作るにはそれなりの資金が必要でした。ちょっとした道具や機械や大きなものとなりますと工場も必要でした。つまり設備です。しかし、スマートフォンが世の中に浸透した今の時代に「作る」という作業においてはそのような設備は必要ありません。アイディアと工夫があればほとんど資金が必要なく儲けることができます。

素人でもアプリが開発できる時代になっています。

冒頭で説明しましたように大きな資金を用意することなく儲けることができるアプリ開発ですが、プログラミングという高いハードルがあるために普通の人では挑戦できないイメージがあります。しかし、今の時代は技術の進歩により素人でも挑戦することができるようになっています。素人でも挑戦できる理由はツールが発達したからです。これらのツールを使うことで自分が考えているものが作れます。大切なのはダウンロードしたくなるようなものを作ることです。そのために重要なことは一般の人が求めているものを感じ取る感性です。数多くのヒット曲を作詞した阿久悠さんはヒット曲を生むのに必要なことは「人々が自分でも気づいていないが、心の中で無意識に思っていたり考えていることを想像する感性だ」と話しています。プログラミングの知識よりも大切なものがあります。

大切なのは埋もれないということです

「素人でも作れる」ということは「誰でも作れる」ということの裏返しでもあります。これはつまり多くの中に埋没するリスクがあることを示しています。埋没しないために必要なことは目立つ位置にいることです。「目立つ」にはいろいろな方法があります。宣伝することも一つでしょうが、そのためにはそれなりの経費も必要になります。経費を全くかけたくないならランキングで上位に入ることも一つの方法です。多くの人に支持されるアプリを開発してヒットしますと、普通のサラリーマンでは考えられないような報酬を得ることができます。かつてこのような収入を得る方法といえば「発明」以外に方法はありませんでした。それと同じようなことが「発明」よりも簡単に挑戦できます。しかも「発明」よりも収入が多くなる確率は高いものがあります。